Instacart

Posted on 日曜日, 11月 20th, 2016 at 3:16 PM

アメリカの買い物事情

日常生活で買い物に行くときは人によって買い物の仕方が異なります。
毎日その日のものを購入する人もいれば一週間まとめて購入する人もいます。
この違いは国によっても関係が異なります。

特にアメリカの場合は、週末などに一週間まとめて日用品と食品を購入する人が多いです。
そのた就活になるとスーパーに買い物に行くのが大変と感じる人が多いです。
レジなどで並ぶ時間も長く、各家庭たくさんの買い物をしています。
そのため、売り切れてしまっているからまた別のスーパーに行かなくてはということもあります。

そこでそういった買い物のストレスを解消することが出来るものとしていま多くの人が利用しているのがInstacartです。
Instacartは2012年にサンフランシスコで始まったお買い物代行業です。
今ではその需要が増えニューヨークなどアメリが全土で広がっています。

Instacartはスーパーのように商品の在庫を確保する必要がなく、お買い物代行に特化して行っています。
そしてスーパーにとっては天気や時間帯などで売り上げなども変わる中で、新たな客層として大きなメリットを持っています。
双方にとってメリットあるだけでなく、ユーザーにとってもたくさんのスーパーで買い物をする必要がなく自宅でほしいものを選ぶだけで、早ければ一時間以内で買い物したものを届けてもらうことができます。

ネットで簡単に注文

Instacartでは専用のアプリをダウンロードすることで簡単に利用することができます。
スーパーによってはInstacart専用のレジもあり、購入したものをすぐに配送できるように準備されています。

大型スーパーの中でどこに商品があるのか探し回りながら買い物する必要もなく、スムーズに買い物することができます。
温かいものは温かいままで、冷凍のものはしっかりと冷凍されたままで配送してもらうことが出来る為とても便利です。

商品も種類別に分かれているため、探しやすく写真などが掲載されているのでとてもわかりやすくなっています。

時間の有効活用

アメリカのなかでもニューヨークはとにかく買い物するのに時間がかかります。
スーパーで長時間並ぶのは当たり前という気持ちで買い物に行かなければいけません。
その為時間がかかり、買い物に行くのが嫌という女も多いです。

そう言った時間の無駄を省くことでストレスなく買いものを自宅で済ますことができます。
深夜12時まで購入することができるので、時間が空いたときに買い物でもと助―ジュールも組みやすくなります。
食品を購入することは日常生活で絶対行わなければいけないことだけに、なるべくストレスなく、そして提供側にも多くのメリットがあるため今後も拡大し続けていくサービスだといえます。
一度利用してみるとその便利の良さに日常生活が大きく変わるかも知れません。

Both comments and pings are currently closed.

Comments are closed.