宅配ビジネス専門会社を利用する

Posted in |

デリバリーサービス業界に新規参入を考えていらっしゃる方もおられると思います。

でもどんな分野なら成功するのか、そもそもデリバリー用のバイクはどうしたら良いのかなど、不安は尽きないと思います。
事実、市場規模は拡大しているにもかかわらず、デリバリーサービスに失敗している業者もあるからです。

デリバリーサービスビジネスを始めるにあたり、心強い味方になってくれるのが宅配ビジネス専門会社です。
宅配ビジネス専門会社は、デリバリーサービスに特化したコンサルティング会社と考えて良いでしょう。
2社を紹介したいと思います。

ネクストベリー

まず紹介したいのは「ネクストベリー」です。

ネクストベリーはそもそも、縮小を続けるクリーニング市場において、デリバリーサービスの展開に尽力してきた経緯があります。
そこでの経験を生かし、フードデリバリーサービスのシステム構築に絶対的なノウハウを持っている企業です。
つまり提供する料理についてのノウハウを持っているわけではありません。
繁盛するデリバリーサービスを作るための仕組みを提供している企業です。

実はデリバリーサービスにおいて、この仕組みこそ最も重要なものといえるのです。

例えば注文時は、電話が主流かと思います。
この注文電話、通常ですと数分で終了します。
この数分の間に、お客様の電話番号から過去の注文履歴を閲覧できなければ、オススメ商品を見つけることすらできないのです。
ネクストベリーはこうしたノウハウを持っている企業です。
デリバリー用バイク1台あたり800万円以上の売上を目指してくことが、ネクストベリーの目的です。

デリバリートータルサポートのDTS

次にご紹介したいのは「デリバリートータルサポートのDTS」です。
DTSは弁当、寿司、ピザなどフード関係のデリバリーサービスをサポートするコンサルティング会社です。
DTSもやはりデリバリーサービス用のシステムを提供しています。
DTSのシステムの特徴は、経営とデリバリー用のシステムを統合しているところにあるでしょう。
つまり配達のためだけのシステムではなく、そこから経営をどうしたら良いのか理解することができるのです。

加えて、ネットからでも注文を受けることのできるシステムになっています。
こうしたシステムの導入に加えて、DTSでは販促用のチラシのデザイン、店舗用HPの作成やデザイン、起業後の店舗運営サポートなども行っています。
また店舗そのものの売買についてもアドバイスしています。
DTSの強みはフード関係に強いことです。
フード関係のデリバリーサービスを始めるときには、活用してみても良いかもしれません。