レンタルバイクを活用する

Posted in |

a1380_000935デリバリーサービスに新規参入する場合、頭を悩ませる問題の一つにデリバリー用のバイクを何台にするか、という問題があると思います。

最初は1台で十分でしょう。
しかし徐々にサービスが軌道に乗り始めると、1台また1台と増やして行きたくなるものです。
サービスが安定してくると、デリバリーは繁忙期と閑散期があることに気づかれると思います。

例えばクリスマスシーズンは目の回るような忙しさになるでしょう。
年末年始も注文は多くなるはずです。
ニッパチはどこの業界も厳しいと言われています。
厳冬期の2月や盛夏の8月は食欲も落ち、閑散期となることに気づかれるでしょう。
ではデリバリー用のバイク台数は、どの時期に合わせると良いのでしょうか。

レンタルバイクのすすめ

デリバリー用のバイクは、車両の購入・リース費用だけでなく、メンテナンス費用もかかるものです。
経営的にも重要なこの問題を解決するために、レンタルバイクの活用をおすすめしたいと思います。
つまり自前のデリバリー用バイクは最小限にとどめておき、繁忙期にはレンタルバイクを活用して台数を増やすのです。

じつは繁盛しているデリバリーサービス店は、レンタルバイクを活用していることが多いのです。
デリバリー用バイクの需要は増加していると考えてよいでしょう。
実際、繁忙期にだけ台数を増やせるよう、バイクのレンタルサービスが増えてきています。
このようなレンタルバイクの仕組みを知っておけば、経営も安定するはずです。

紹介:レンタルバイクを借りるなら

レンタルバイクには様々なメリットがあります。
メンテナンス費用が要らないことや、車種が豊富であることなどです。
もちろん対人・対物無制限の自動車保険に加入しています。

またヘルメットやグローブのレンタルも可能です。
バイクを含めたレンタル料金は、全て経費で計上できますので、経営上のメリットも有ります。
繁忙期だけデリバリー用バイクの台数を増やすことにより、限られたビジネスチャンスを有効に活用したいものです。