KFCコーポレーション

Posted in |

・外資系ファストフードチェーン

KFCコーポレーションはアメリアケンタッキー州イビルに本社を構える、外資系ファストフードチェーン店を展開する外食企業です。
この説明だけではいまいちどのような企業なのかつかみにくい方も多いでしょうが、KFCがある言葉の頭文字をとったものであるとわかれば、すぐにどのようなファストフード店を運営しているのかわかることでしょう。
KFCはケンタッキーフライドチキン(Kentucky Fried Chicken)の頭文字の略であり、すなわちあの有名なカーネル・サンダースの考案したケンタッキーフライドチキンを販売するファストフードチェーン店を経営する企業がKFCコーポレーションなのです。
アメリカを中心に日本だけではなく、世界各国に事業展開を行なっており、実は世界ではじめてフランチャイズビジネスをはじめたのも、このKFCコーポレーションでした。

・デリバリーサービスのピザハットと深い関わりを持つ

さてそんなKFCコーポレーションですが、確かにケンタッキーフライドチキンのお店ということはすぐに理解することは出来ても、果たしてデリバリーサービスとどう関係があるのか、なかなかわからない方も多いことでしょう。
しかしKFCコーポレーションはデリバリーサービスと深い関係性を持つ企業でもあります。
まずKFCコーポレーションはピザデリバリーチェーンの最大手、ピザハットと大きな関係性を持っています。
親会社に当たるヤム・ブランズは、同時にピザハットの親会社でもあり、すなわちKFCとピザハットは同一グループ企業であることがわかります。
また日本では三菱商事の子会社日本KFCホールディングスがケンタッキーフライドチキンとピザハットのマスターライセンシー(マスターライセンス契約を受けた実施権者)となっているため、両社が密な関係性を持っていることがわかります。

・地域が限定されてはいるがチキンのデリバリーも

またケンタッキーフライドチキン自体も実はデリバリーサービスを行なっています。
地域は限定されますが、日本全国でデリバリーサービスを実施しており、店舗に赴かなくても自宅で気軽にケンタッキーフライドチキンを注文することが可能です。
その名もお届けケンタッキーとしており、店頭で購入することのできるメニューを宅配で注文できるのです。
現在宅配を実施している地域は東京や神奈川などの関東首都圏、大阪・兵庫といった関西首都圏、そして北海道の釧路市に限られています。
しかし今後ニーズがより強まっていけば全国的な展開も期待することができるかもしれません。
何よりケンタッキーの人気は昔から衰えるところを知らないため、今後デリバリー人気の動向によってサービスの拡充が行われる可能性もあります。