釜寅

Posted in |

釜飯の宅配サービス

宅配サービスも日々進化し、様々なものを選択することができるようになりました。
それはデリバリーの業態自体が進化し、いろんなジャンルの飲食に対応できるようになったのが大きな要因だといえます。
またフランチャイズ展開することで、全国各地にたくさんの同系列お店を出店することができます。

デリバリー業界の中でも東証一部に上場している株式会社ライドオン・エキスプレスが行っている事業の一つとして釜寅というデリバリーがあります。
今までジャンルとして行っていなかった釜飯に焦点を置いた宅配のデリバリーのお店です。
全国に184店舗あり、和食が好きな日本人には好まれる宅配サービスの一つといえます。
宅配サービスというとビザやカレーなどカロリーが高いものが多いですが、釜飯はヘルシーでバランスよく食べることができます。

また自宅で行おうと思っても作ることは難しく、外食で食べるという人がほとんどです。
和食がメインのお店でも釜飯のメニューが少ないのが現状です。
そのため豊富なメニューの中から選ぶことができるためおすすめです。

デリバリーフランチャイズ

デリバリーをフランチャイズすることで、経営に関するノウハウや商品の販売ルートの確保などを共有することで全国にどんどんお店を増やすことができます。
店舗数が多くなればなるほど、大量に仕入れて裁くことができるため、コストが安くなり利益率を上げることができます。

特にデリバリーの場合は、お店で食べることができないため店舗数が増えることで認知度や信頼関係が高まります。
釜寅も同会社が運営している銀のさらが全国的に知られていることもあり、会社への信頼度も高いといえます。

おすすめと特徴

自宅で作ることができないメニューの一つとして釜飯をデリバリーとして提供しているところはほとんどありません。
すでにおいしく炊きあがった釜飯をまずはそのまま食べます。
そして少し食べてからセットになっているおだしと薬味などをお好みで入れてお茶漬けのようにして食べることができます。
一つの釜めしで二度の楽しみ方ができます。

本格的な釜飯を自宅で楽しむことができ、子供でも食べやすい釜飯も用意されています。
洋食っぽい感じになりますが、子供たちも同じ釜のご飯を一緒に楽しむことができます。

飽きがこないように2カ月に一度ぐらいのペースで新メニューが発売されます。
などバラエティーも豊富になっているためおすすめです。
ランチのメニューは1000円以下で注文もできるため、まずはランチからお試ししてみるのも一つの方法です。
ネットからでも電話からでも注文することができ、宅配を依頼するお店のページに行くと今の配達情報について教えてもらうことができます。