サイト概要

Posted in |

a1750_000016買い物に出かけたくない日、ありますよね。
お客さんが来ていて、料理をする時間もない日もあるかもしれません。

そんな時、出前を頼んだり、ピザの配達を頼んだりしたことがあるかと思います。
デリバリーサービスとは、出前やピザを自宅まで運んでくれるサービスのことです。

そもそもデリバリーという言葉には「配送」という意味があります。
宅配便や郵便も広い意味でデリバリーといえるでしょう。

しかしデリバリー「サービス」となると少し意味合いが異なります。
ただ家まで運んできてくれるのではなく、それ以上の何かのサービスを行ってくれるわけです。

 

デリバリーサービスとは
現在、一般的にデリバリーサービスというと、主にフード関係の仕事を指すことが多いようです。
ではどんな種類のフードがデリバリーされているのでしょうか。
デリバリーサービスはフード関係だけではありません。
ではどんなデリバリーサービスがあるのでしょうか。

 

新規参入するなら
デリバリーサービスは、地域密着型のサービスとなるため、
新規参入が比較的容易といわれています。
店舗に加えて、デリバリー用のバイクがあれば開業することができるためです。
ではデリバリーサービスをどのように成功させることができるのでしょうか。
新規参入する際、どんな点に注意すれば良いのでしょうか。

 

フードデリバリーの利益について
日本におけるデリバリーサービス業界には、成功を収めてきた企業が数多くあります。
こうした企業の成功例を学ぶことは、デリバリーサービスを成功させる鍵といえるでしょう。
いくつかデリバリーサービス業界の主要企業を紹介したいと思います。

まずデリバリーサービスというと、思い浮かべるのはピザではないでしょうか。

日本において、ピザのデリバリーサービスで
トップシェアを誇っているのは株式会社フォーシーズが運営する「PIZZA-LA(ピザーラ)」です。
ピザーラは「ピザ」と「ゴジラ」をミックスした造語です。

ピザーラは全国で500店舗以上を展開しているため、
デリバリーサービス業界のトップランナーと言ってよいでしょう。

世界的にピザのデリバリーサービスで成功しているのがピザハットです。
ピザハットはアメリカの会社で、アメリカ国内に7,000店舗以上、
アメリカ以外の海外に5,000店舗以上を展開しています。

日本でもお馴染みの方がいらっしゃるかと思います。

その他にも寿司のデリバリーサービスである「銀のさら」や、
マクドナルドのデリバリーサービスが、日本では馴染みが深いかもしれません。
最近では楽天デリバリーなど、ポータルサイトがデリバリーサービスを開始し始めています。